営業代行の実態!営業代行で業績を上げることは出来るのか!?

営業代行って本当に役に立つの?

最近は事業が多様になってきているため、営業まで手が回らず営業代行を利用する事業者が多いようです。確かに営業を全部任せることで、変化の激しいマーケットをしっかりと調査し商品にも反映させていくことが出来るようになりますし便利ですね。また最近の営業代行は成果報酬型のものが増えているためコストの削減にも繋がることが期待できます。こうやって見てみると営業代行を利用することは合理的に思えます。しかし必ずしも得をするとは限りません。

売れない原因を明らかに出来ない

営業代行を利用することには確かにメリットがあります。しかしデメリットもあるのでしっかりと確認しておきましょう。営業代行を利用する際の最大のデメリットは営業ノウハウが身につかないことです。世の中にはいまだに根性や気合いで営業をされる方がいらっしゃるのですが、営業は完全に科学です。商品が売れるか売れないかは科学的な疑問なのです。売れないことには売れない原因が必ず存在しており、逆に言えばそれを克服できれば売れるのです。そしてこの原因を明らかにしていくために営業をしっかりと行う必要があるのです。

営業は市場の調査でもある

商品が売れない理由を明らかにするためには、商品を買いたがらないお客さんをじっくりと分析する姿勢が求められます。つまり営業とはマーケットの調査も兼ねているのです。その調査、つまり営業を他人に任せるというのは、調査の機会を自ら手放しているのと同じです。確かに営業代行を利用すれば一時的にすぐに結果が出ます。しかし長期的に売上を作っていくのならば実際に営業に出て入念に調査を行う必要があります。必ずしも営業代行が悪いわけではありません。しかし本当の意味で実績を作りたいなら地道な営業が成果に繋がっていきます。

近年人気の営業代行とは、敬遠されがちな営業を、外部のプロの会社に任せる事をいいます。一定の成績を出してくれる事が特徴です。