意外と楽しい!電気製品の自作にチャレンジしてみよう

なぜ電気製品を自作する?

この、電気屋さんにけば何でも手に入る時代になぜ、電気製品を自作するのでしょうか。そんな疑問を持つ人もいるかもしれません。電気製品はプリント基板に部品を半田付けして行くだけで、誰でもが簡単に作ることができるのです。最近は、マニアの間でも根強い人気があるようです。実は、基本的な知識と、半田ごてや半田、部品さえ揃えば、誰もが簡単に行えるのです。自分で作った電気製品であれば、自分で修理することも簡単にできます。

どんな知識が必要なの?

電気製品を自作するためには、電気部品に関する知識が必要になります。最近はインターネットなども普及していますので、いろいろと情報源は確保することができます。身近にある電化製品を分解してみるのもとても良い勉強になるのです。特に最近の電化製品はデジタル回路などが主流になっていますので、デジタル回路の知識を深めておくと良いかもしれません。マイコンなどの動きについて勉強しておけば完璧な知識が身につきますよ。

どうやっって部品を入手する?

かつては電子部品を購入しに秋葉原などに出向かなければなりませんでしたが、最近ではホームセンターなどでも簡単に入手することができるようになりました。また、インターネットの通信販売などでも手に入れることができます。他の方法としては、リサイクルショップなどに足を向けてみてください。ジャンク品と称して多数の電化製品が格安で販売されていますので、それらを解体して部品を取り出してみるのも良いでしょう。プリント基板はユニバーサル基板などが販売されていますし、知識を身につければ自作することも可能です。

プリント基板設計ソフトとは、回路図と基板のデザインを簡便に出来るツールのことで、有料版や無償版など数多くの種類があります。いずれも多くの機能を持つため、技師の負担を大きく減らすことが可能です。