社員研修においてストレスチェックを?!行う時に気をつけることとは?

ストレスチェックを行う際は説明を?!

ストレスチェックを行うにあたり、社員への説明を行うべきです。説明を怠るとストレスチェックで得られる効果が十分に得られなくなってしまいます。ストレスチェックにおいて、不調者への対処法ばかりが重要視されがちですが、不調に陥る前に予防していく必要があります。そのためには不調者を見つけ、会社を辞めさせたり昇進に影響が及ぶことはないということを伝え、社員が安心してストレスチェックを行ってもらうようにしましょう。

ストレスチェックにて不調が見つかったら?!

ストレスチェックにて社員の中に不調者がいることが分かったら、セルフケアでストレスに対応する方法を教える必要があります。具体的に適切な対処法を伝えるということは、とても難しいことであり、もしかしたら逆にストレスを与えてしまうことも考えられます。そのため医師による面接指導を取り入れると良いでしょう。医師による面接指導にて適切な対処法を教えてもらえれば、社員がそれに応じ対処を行うため、不調を改善することが出来るでしょう。

ストレスチェックの全体を見る?!

ストレスチェックにて不調者に対する対応ばかりではなく、全員のストレスチェックに共通し、環境の改善を行わなければいけない点がないかどうかを探ります。もし共通する職場の問題点があれば改善する策を考えましょう。職場自体に問題があれば、いくら個人個人がセルフケアを行なっても意味がないと言えます。また、職場環境を改善することで仕事に対する社員の心意気や仕事に対する効率も良くなると言っても過言ではありません。

社員教育とはマナーや社会常識、業務上の内容を教育するだけではありません。企業の将来を考慮すると、社員本人のメンタルをサポートすることも教育の一つです。